人生のシナリオを決めて生まれた

 

私、GUIDAが誕生した人生のシナリオ(通称 グイダ 日本人です)

 

自分の人生のシナリオを決めて生まれてきたのだと、アリソン・ヘイズと出会い、自らのマスターガイドとの交信を重ねていくうちに唐突にその事実に行き着いたのでした。

 

 

私は、『 5歳の長男を事故で亡くした家庭の次男 』という選択をして生まれてきました。

私は、いたずら坊主で危ない事が大好きな子どもでした。

しかし、親父からするとそうした危険ないたずらの数々が長男の事故を想起させるのか、よく殴り私を叱りました。親父が近づいてくると反射的に頭を手で防御する癖がついていました。ですから、私は家の中では極力余計なことはしないよう、言わないようにして育ちました。精神の中に閉じこもり日々自分との対話の日々だったように思います。

 

 

幼少の頃から自分と対話する毎日であったので、自分がどんなことをやりたいのか?それについては、人一倍鋭敏に嗅ぎ分ける嗅覚がありました。

 

 

特に20歳頃まで、現実の中でのワクワクとの関係を無意識に追究していました。

そんなワクワクがリアリティになる学びの中で、直感のひらめきが現実になるんだ!

という大きな体験が2つあります。

 

 

1つ目は、小学校1年生の時のこと。

 

中一の姉の運動会で見た器械体操部のバック転~バック宙の演技を見た瞬間に「これは自分がやるスポーツだ」と、強烈なインパクトが脳裏に映像として記憶されたのを覚えています。

翌日から自宅の敷布団を4枚重ねて毎日2時間練習。3か月後には、運動場でバック転を連続で20回以上できるまでになり、学校の先生から「体育大学の系列の中学に進ませたらどうですか?」と言われるほどになりました。

 

 

この経験から、「自分がワクワク直感のひらめきがあることは、現実にできるんだ!」という、直感の感触が今でも脳裏に焼き付いて残っています。

このことは6歳の自分にとって、自信を持つことの学びとなった最初の出来事でした。

 

 

2つ目は、上京していた大学生の頃。

 

新宿のディスコで見た「ロボットダンス」。

一目見た瞬間に「来たー!!!!!これだ!!!!」と直感しました。

すぐさまダンスにのめり込み、いくつかの大会で優勝するまでに。

1年後にスポーツ新聞の第一面に写真入りで掲載されました。

このことは、生まれ育った土地でなくとも、自分の力を信じればやれば出来る!!という自信と確信を持つことができた出来事でした。

 

 

 

大学を卒業後、自然な流れで父の経営している会社に入りました。

父の会社で2年間経験を積みましたが、「これは自分がやっていく仕事ではないな」と感じ、自分をかけることが出来る仕事を探していこうと決断し、1985年フルコミッションの営業マーケッティングの仕事に入りました。

その仕事の様々なトレーニングを通して、楽しいと感じる毎日を続けることが人生を開いていくことにつながるんだ!!と学びました。

 

 

今、思い返してみるといつも自分が進んで行く先にガイドの導きがあり、守られてきたと感じることがあるのです。

 

 

・私が頼んでいないのに、私の進む方向へ人脈が広がっていくこと。

 

・不思議なご縁で、私に所縁のある神社を案内して下さる方々あり、帰ってきたその日の半日で1ヶ月の売上の5割の注文が入ったこと。(経営的に苦しいときでしたので、その出来事は大変ありがたかったのですが、通常ありえないことでした。)

 

 

・知人のおすすめの方位学の先生を紹介してもらい、印鑑をつくりました。

(不思議とその印鑑を使うようになって運勢がひらけてきた実感がありました。)

 

 

・過去30年で月末の支払日を控えて2~7日前の時点で、数百万円ほどの不足があっても必ず全く予定のないところからお金が入ってきて助けられるという経験が50回以上ある。(自分の信じている道なら大丈夫だ!と後押ししてくれているように感じました。)

 

 

・1982年私が社会に出てから、サイキックリーダーの能力のある方が常に入れ代わりで助言を下さる方がおり、ずっとサイキックの導きの中で生活をしてくることができたこと。

 

 

マスターガイドからの直感をうけとることを長年してきたことで、自分が進むべき方向に迷いはありませんでしたが、ただ一つ問題があったのでした。

 

 

<お金が不足する場面を繰り返すのは理由があった。>

 

ここまでの過去を見ると、

本当に守られていることばかりなのに、常にお金が不足する場面を繰り返す。成功し高い場所までくると下降してしまう。この繰り返しが何度も起こってきたのです。そんな必要なときにはベストのタイミングで出会うだなぁ。起こる原因がわかったのです。それは潜在意識に原因があったのです!

 

 

 

私たちの意識には、『顕在意識』『潜在意識』があります。顕在意識は、われわれが普段認識している意識で潜在意識は、われわれの深いところにある気が付かない部分のことです。

 

顕在意識が3%

潜在意識は、97%を占める…

と言われています。

 

私たちが意識している顕在意識は、氷山にたとえれば、海の上に顔を出している部分にしかすぎない。つまり、顕在意識が意識という大きなパイの中に占める割合はほんの一部分にしかすぎない。

 

そして

 

海中に沈んでいる部分、つまり意識の大部分が無意識によって構成されていると言われています。

いくら頭で勉強しても、なかなか潜在意識に入りません。自分に言い聞かせてもコツを知らないと入っていきません。

 

 

潜在意識は、

顕在意識の100万倍のパワーがあります。

 

 

いくら顕在意識で前向きに考えようと思っても、潜在意識の中にブロックがあると100万倍の力で阻止されてしまいます!!

 

それが、

 

変わろうと思っても成功に到達できない原因であり理由です。

 

 

そして、米国No.1サイキッカー アリソン・ヘイズとの出会いがあり、

「あなたは プロサイキックリーダー になるのよ!!」

と言われました。

 

 

あーそうだったのか!

 

 

これが人生のシナリオなんだな!自分のこれからの方向性はコレでいいんだ!

自分の経験を伝えることで、お役に立つことが出来るならやってみたい!!

 

 

こうして、アリソン・ヘイズ協会認定プロサイキックリーダー GUIDA誕生しました。

(GUIDAとはイタリア語でガイドのこと。)

 

 

おめでとうございます!

 

 

あなたは、マスターガイドとつながる仕組みと遭遇しました!

顕在意識の100万倍の潜在意識のブロックをはずすことができ、潜在意識に成功法則をインストールすることができると決定しました!

これは、今わからなくてOKです!

いずれ確信出来るようになりますのでまずは、安心してください。

 

 

神の采配、天の導き

 

 

あなたには、ガイドからの導きがあり、ガイド達は、あなたが幸せを感じるために常に応援しています。

今世のシナリオのサポートです。

ガイド達は、あなたが気づくまで決してあきらめません!!

あなたは、今、悩み苦しみのトンネルから抜け出すことができないようなどん底の気持ちを感じているかもしれない。

 

 

しかし、

 

 

その体験は、本当に自分がやりたいことを見つけるキッカケである可能性が高い。

何か新しい気づきや発見があるかもしれないし、あなたにとって大切な学びであった可能性が高い。

心ワクワクする幸せな生活をリアリティにするために必要であった可能性が高い。

ガイドは、あなたに試練(愛)というプレゼントを贈って強制的に追い込んでくることさえあるのです。

 

 

なぜ、そんなことが言えるのか?

  

その『理由』は、

私が既に体験し経験してきたことだからです。

全ての人にとって人生の目的は「成長」です。

 

 

楽しいこと・嬉しいことしか経験していなければ人は頑張りません。

崖っぷちに追い込まれることが無いと奮起し無理してでも乗り越える努力は出来ません。

死ぬ気で頑張った経験があるほど喜びも大きい。本気の努力が無いところに感動は生まれない!

 

 

私が辿ってきたことは、

八方ふさがりな気持ちを感じている方を最高に喜びにあふれる人生にサポートするための学びであったと腑に落ちるのです。

 

 

あなたに、幸せで、ポジティブで、つきぬけた最高の体験をしていただくことが私が生まれてきた目的の一つなのです。

 

 

だから、

 

 

今、感じているネガティブな感情は、ある意味ガイドからのプレゼント(体験)であると思考を変えてみることはできますか?

変えることなんか無理だよ!?とこみ上げてくるのは、普通なのでそのままで大丈夫(笑)

 

ガッハッハ~~!!!

ごめんなさい、ふざけているのでは無いよ。

 

 

ともかく、ともかく、ともかく!!!

 

 

『何があっても大丈夫なのです。

あなたは、幸せになるために生まれてきたからね!』

 

『大丈夫!』

『大丈夫だよ!!』

『大丈夫だから!!!』

 

ガッハッハ~~!!! 

 

カウンセラー GUIDA